ファクタリングのデメリット

subpage01

売掛債権を買い取ってもらうファクタリングサービスは企業の運転資金を得る上で有力な方法の一つになりますが、もちろんメリットばかりではありません。


デメリットも存在しますから、利用するときには十分に検討してから行う必要があるでしょう。ファクタリングのデメリットの一つは、手数料がかかることです。


売掛債権を買い取るほうから見ますと、買い取りには一定のリスクが存在します。

売上債権担保融資とファクタリングの違い情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

期日までお金が手に入らないというのはリスクというのはおかしいかもしれませんが、それだけ負担であることは間違いありません。



その他にも、回収が不可能になるリスクもあります。


単純な話、期日までの間に相手先の企業が倒産してしまってはお金を支払ってもらえるはずがなく、これは大きなリスクになります。


このような負担、リスクをファクタリング会社が背負うことになるわけですから、それに見合った手数料が必要となります。
この手数料はもちろんファクタリング会社の利益にもなっているわけです。



このような手数料のことを考えれば、場合によっては必要な運転資金を普通に金融機関から借りたほうが安いということも十分に考えられます。


また、債務先に対しては、売掛債権をファクタリングサービス会社に売り渡したので、債務の支払いは自社ではなくその会社に対して行って欲しいということを説明し、了解を取り付ける必要があります。
これは基本的には断られるような話ではないはずですが、それだけ手間がかかることにはなってしまいます。