ファクタリングのデメリットとは〜手数料がかかる

subpage01

ファクタリングは、サービスの提供は終了しているものの、その対価である代金の支払いが済んでいない部分をファクタリング業者が買い取るところから始まります。
そしてその買い取り金額を事業所が受け取ると言う仕組みです。


これにより、先方の都合によってキャッシュ化されていない部分の売掛金を、確実にキャッシュ化することができるようになります。
それにより経営の立て直しや、急な資金の調達などにめどを立てることができるようになるので、一般企業や介護事業、医療事業においては多く利用されています。ファクタリングの最大のメリットは、融資ではないと言う点です。
そのため返済の必要も、担保の必要もありません。

ファクタリングが最近こちらで話題になりました。

また審査も、融資のそれに比べると非常に条件としては緩い内容のものが多いので、利用しやすいと言うのもメリットのひとつだと言えます。


ただし反対にデメリットもあります。

そのひとつが、手数料がかかることです。



実際の手数料はファクタリング業者により異なりますが、銀行金利と比べると高めに設定されていると言うこともあります。
ただキャッシュが速やかに手元に入ってくることを考えると、高めの手数料であるのもやむを得ないと言う側面はあります。



それからもうひとつは、将来、手元に入ってくるキャッシュは少なくなると言うことです。
ファクタリングは、将来、手元に入ってくるキャッシュを先んじて手に入れると言う仕組みです。ですから当然、入手した分のキャッシュについては、それまでです。
そのため上手に利用しないと、結局、キャッシュ不足に陥ってしまう恐れもはらんでいると言うのも、デメリットとしては挙げられます。