二社間ファクタリングと言う仕組み

subpage01

売掛債権を買い取ってもらうと言う形で現金を調達するファクタリングと言うサービスがあります。


これはつなぎ資金を確保するための選択肢の1つとして企業経営者にとっては知っておきたい知識の1つとして知られています。
この方法にはいくつかの方法があるのですが、最も採用されている方法としては二社間ファクタリングと呼ばれるものがあります。

これは自分の会社とファクタリング業者の二社間で契約をする仕組みで成り立っており、売掛債権として売却される相手先企業は何も知らずに済ませることができるという仕組みになっています。ファクタリングを利用すると言う事はそれ自体が資金繰りに困っていると言うことを対外的に知らせてしまうことになるため、一般的には相手先企業にそのような状況にあることを説明することは稀です。

このような仕組みで売掛債権を売却する仕組みが多く利用されています。
ファクタリング業者にとっては相手先企業の状況によっては売掛債権の現金化ができないリスクが生じるため、リスクに応じた手数料を請求することになるのが一般的です。

注目のファクタリングが有名になってきました。

そのため売却資金が目減りするというのが一般的であると言えるでしょう。



いわゆる手数料にあたる金額が多くなるため早急に資金調達することができると言う、意外においてはメリットが薄くなると言う仕組みがあります。



しかしながらそれでも相手先企業に知られることなく資金調達をすることができると言う点において大きなメリットがあると感じるケースが多いのが現実なのです。